伊・スターマインド社とのパートナーシップによりアジア地域での『リマザード』シリーズ発売を発表

本日3月18日、イタリアのゲーム開発スタジオであるスターマインド社とのパートナーシップにより、複数のアワード受賞歴のある『リマザード:トーメンテッド ファーザーズ』のNintendo Switch版とPlayStation4 版を3月19日にリリース予定であることを発表いたしました。本作は日本国内および、香港・台湾などのアジア地域での展開が予定されています。また、シリーズの続編となる『リマザード:ブロークン ポーセリン』も3gooよりリリースを予定しています。

『リマザード:トーメンテッド ファーザーズ』はRely on Horror (GOTY 2018)や Eurogamer (Best Indie and Best Italian Game)など各種専門ウェブサイトに評価され、2018年に「ベスト・イタリアン・ゲーム」として賞を受けています。また、Gamespotは「ゲーム史上、最も怖いゲームのひとつ」と評価しています。

続編の『リマザード:ブロークン ポーセリン』の発売日は未公開ですが、Game Rantは「2020年の最も期待されるホラーゲーム10選」にリストしており、Gameranxも「2020年の新作ホラーゲームトップ10」に『リマザード:ブロークン ポーセリン』をリストしています。この評価で世界中のサバイバルホラーファンが期待する作品として注目されています。

Nintendo Switch版『リマザード:トーメンテッド ファーザーズ リマスター』は、現在予約受付中となります。

ニンテンドーeショップあらかじめダウンロード